ビリヤード三昧

短い滞在の時だったが、夜になると毎日ビリヤードに行っていた。
特別ビリヤードが好きな訳でもないが、夜ホテルに帰ると何故かお迎えがやって来て
ビリヤード場に運ばれて結局滞在中ビリヤードに通い続ける羽目になった・・・

ところはサヌール、とあるビリヤード場。
地元の人たちばかり、観光客は無く異国人は私だけ・・・。

そのせいか玉を突いてると色々な人が集まってきてなんだか落ち着いては打てない。
大人だけでなく子供までもが指導してくれる。(下手くそだからって、子供にまで・・・)
こんな遅くまで子供がいるのも不思議だが、よくみると女性の姿はない。
スタッフに女性はいるのだが客はみんな男性。地元の女性が夜遊びしないのか?
それともビリヤードは男の遊びか?
そういえば、おっさんが多い。ゲートボールみたいなもんか?
などと、よく分からない事を考えながら何時間もビリヤードをやりフラフラになる。
早くホテルに戻りたいのだが送ってもらわにゃ帰れないとゆう
半拷問状態でバリの夜は更けていくのだった。

※夜の時間を潰すのに結構いいかも。派手な所で遊ぶと色々やっかいな事も多いが、
こうゆう所だと色気なしに過ごせて年齢層もバラバラで面白いかも。
ビリヤードも安い。何時までやってるのか不明だが日本と同じで料金は後払い。

記述:2001

★旅のお話★ INDEXページ
TOPページ
Copyright(C) Putu・Rian, All Rights Reserved.