バリ人とジャワ人

日本人から見ればジャワもバリもすべてひとくくりのインドネシア人ではあるが
時々バリ人の口からジャワ人バッシングが飛び出す。

ある深夜酒場で(っていっても生活用品の売店の横が飲める場所になってるだけだが)何故かバリニースに囲まれて床を散らかしながらピーナッツをツマミにアラックのコーラ割りを、
ちびちび飲んでいた時の事。
メンバーは大工さんやダンサーといったごくごく地元の方々で、皆が知合い同士らしく
凄まじい勢いのバリ語爆発状態。
ひとしきり会話が盛り上がったところで、都度私にも説明をほどこしてくれる。
どうやら前の日に大きなケンカがあったとの事。
へぇーって感じで話しを聞く私にみんな「そうなんだよー」って感じで頷いてる。
(日本語・バリ語・英語が入り交じる状態だが、しっかり皆納得しているのがこわい)

そこでバリニーズたちの一言。
「でも大丈夫。ここは村の人しか来ないから安全。ジャワ人はいないから」
この人たちは実にいい人なんだが、やっぱりジャワ人バッシングか・・・
それまでにもジャワ人の事を良くは言わない人は結構いた。
まぁ、色々あるようだが・・・
理由をきいてもジャワの人との交流がないので今一つ実感がない。
微妙に反感が漂っているようだが
でも変な偏見を持たずにはいたい。

記述:2001

★旅のお話★ INDEXページ
TOPページ
Copyright(C) Putu・Rian, All Rights Reserved.