お坊さんに女性は近づけない??

タイは言わずと知れた仏教国。

街を歩けば黄色い僧衣姿のお坊さん方を目にするが、女性は僧侶には近づけないというルールがあると本に書いていたりする。
公に並んで歩いたり隣の席に座ったりしてはいけないし、僧侶に触れる事話しする事も許されないとか。
それはどこまで厳しく行われているのか分からなくなってしまった・・・

とあるタイ人の友人が元僧侶なのでおかげで色々な所でお坊さんに会った。
ある時は、お寺、またある時は大学の構内、そして幼稚園の僧房や僧の学校の職員室。
時々、携帯電話を代わらされて出るとやはりお坊さん・・・
こちらとしては一応女子なのでルールは守らなきゃと身構えるが、先方は意外と気軽でフレンドリーだったりする
ただ、人によっては違いがあるけれど。
学生僧侶たちは物を直接手渡しすることはしなかったし(物を一旦置いて相手にとってもらう渡し方。こちらが渡す時も同様)、ワシントン帰りの年配僧侶は挨拶以外で話しかけたりはしてこなかった。(無言で写真を見せてくれたり果物を進めてくれたりするんだけどね)
でもほとんどのお坊さん方は、どんどん話しをしてくるし手渡しも気にしない。
僧房への出入りも自由だったし、お祭りの際にはお寺を並んで案内してくれたりする。
(すれ違うタイ人女性はやはり自分の服や体がお坊さんに触れないよう、かなりの気の遣いようだった。)

ある時仲の良いお坊さんに聞いてみた。
「あなたはお坊さんで、私は女。お部屋によく遊びに行ってるが問題ないの?お寺から怒られないのか?」
一休さん好きな彼の答えは「ははは、大丈夫。問題ない。あなたは友達だもん」
そっか、いいのか。・・・・ほんとにいいのか今だ疑問である。

※いくら親しくても僧侶に会う時は「ワイ」をするようです。
合掌してから額を床につけ、これを3回。さすがに外では出来ませんのでその時は合掌してご挨拶。(正しいのかどうか分からないが、元僧侶が友達であっても僧侶に必ずこうしていたので、私もずっとそうしてました)

記述:2001

★旅のお話★ INDEXページ
TOPページ
Copyright(C) Putu・Rian, All Rights Reserved.