嘘をつく

純真なタイ人に嘘をついてしまった事がある。

仏教の日にあたる日、とある大学構内でお参りをすませ、話しながら二人のタイ人と歩いていた。
すると一人がまだ大学に所属する身だった為、授業に出席する前に着替えると言うので
大学構内の寮に連行された。
(異国の男子寮なんて・・・よく考えると大胆。もちろん変なことは起こってません。念のため)

その部屋に学生兼出家中のルームメイトがたまたま戻ってきた。
ご挨拶をしてニコニコしていると、そのルームメイトが英語で「Manは日本語でなんと言うの?」
と尋ねるので「男―おとこ」と答えておいた。
すると、横で友人がルームメイトを指差し「おとこ」「おとこ」と妙にご満悦・・・。
(実際の彼の発音は「おろぉこ」に近い。念のため。ちなみに日本語全く話せません)

その後も色んな所で嬉しそうに、見かけた男性に「おとこ」「おとこ」と連発しては笑いかけてくる。 あまりに嬉しそうに純真な顔を向けられると、こっちもニッコリとしてしまう。

ただ何故か気になることがあった。
彼が「おとこ」という相手は決まって黄色い僧衣を着ている。
そうお坊さんなのだ。
確かに男だが・・
その時は色々な人に会って話したりで、私の頭は考えるスキがなかった。
しかし・・・・ついに、ハタと気が付く時がきた・・・

「Man」じゃない・・・
「Monk」だぁー!!!

そう、彼が知りたかったのは「Monk=お坊さん」だったんだーっ、だから・・・。
と、やっと気づいた時は時すでに遅く、私はスペインのマドリッドにいた・・・。
はやく訂正しなきゃ、と思ったがここはスペイン・・・
スペインから再度タイに戻ると、戻ったらまた会おうと約束していたが、彼は予定が早まり幾人かのお坊さんと共に2年間のインドへの留学の為、入れ違いで旅立った後だった。

その後もタイを訪問したのだが、まだ彼はインドから戻っていなかった。
なので未だ訂正できないままなのだ。

今もなお、彼がどこかで恥じをかいてないか心配している。
本当に、ごめんなさい。
タイかインドでお坊さんを「おろぉこ」と言う人を発見したらお知らせください。

記述:2001

★旅のお話★ INDEXページ
TOPページ
Copyright(C) Putu・Rian, All Rights Reserved.